システム開発の最初の見積りは概算

新しいシステムやソフトウェアを開発する必要が生じた場合、最初の時点で考えるのは必要な要件をどれくらいの予算で達成するかということです。外部で制作する場合も内部で制作する場合も、そのシステムがもたらす成果と、それを実現するための予算に関する考え方が重要になります。外部で制作する場合にはあらかじめ見積りを取ることになるのですが、その見積りの考え方に関して、ある程度の柔軟性を持っておかなければ後で大変なことになる場合があります。

システムを発注する場合、まだ契約を結んでいない段階で相手が出してくる見積りは概算であることも多いということです。というもの、細かい機能などを決める要件定義という作業が開発フェーズとして組み込まれている場合、まだ受注していないのに細部まで検討することができないというわけです。そのため、実際に発注してから要件定義を経ると、開発費用が変わってしまうということもあります。

これを避けるためには要件定義フェーズだけを切り取って必要経費を支払い、細かな部分の費用を細かく算出するという方法があります。細かいレベルの見積りが必要な場合は、あらかじめ先方に打診する必要があります。要件定義は工数がかかる部分ですので、このような形態をとる例も多いのです。